本校概要

 本校は、長崎大学歯学部の創設に呼応して、有志相より『聖和会』を結成し、そのニーズに応えるべく、1977年4月に開校しました。

 以来、歯科医療の現場に即対応できる人材の育成を根幹に据え、「教育」「研究」「臨床」の3本柱を基本として、多くの歯科技工士を輩出してきました。

 本校では、独創的なカリキュラム、やさしくわかりやすい丁寧な教育をモットーに、前進を続けています。

 また、専攻科、就職指導、国家試験対策なども万全の体制をとっています。

 長崎歯科技術専門学校で、これからの時代に活かせる確かな技術を身につけてください。

 

●沿革

 1977年 西九州歯科技工専門学校として開校。

 1986年 長崎歯科技術専門学校に校名変更

 1989年 中臺科技大學と姉妹校締結

 2000年 JR大村駅横に校舎移転

 

●教育方針

 ・豊かな人間性と、優れた技術を兼ね備えた歯科技工士を養成する。

 ・血の通った指導により、技術に魂を吹き込む教育を行う。

 ・特に誠実をモットーとする。

「あなたには何ができるか」

          によって評価される時代です。

社団法人 聖和会 理事長 赤司範俊

 

わが国の歯科医療の進歩は著しいものがあります。一昔前までは歯科医師1人で歯科医業のすべてを行なっていましたが、今日では歯科医師だけの知識や技術だけではなく、各種専門職である歯科技工士、歯科衛生士、歯科助手のチームアプローチが必要となってきました。

本校は、歯科技工士になるための知識と技術を身につけ医療人としてのものの見方や、それを生かしてのプロフェッショナルな道を目指すための学校です。

昭和52年4月に長崎県唯一の歯科技工専門学校として開校以来、1,000人を超す卒業者を育成、輩出し、その多くが有能な歯科技工士として全国的に歯科界で大いに活躍していることは言うまでもありません。

本校は長崎県大村市の玄関である大村駅より歩いて1分のところにあり、4階建の校舎と最新の施設設備をかんびしております。

優秀なる教官、事務官のもと諸君は明るく楽しい学園生活を送ってください。

やる気を持った専門職を目指す諸君の入学を切に希望致します。